秋田de本

あなたと推し本

秋田でおすすめの本を紹介し合う読書会を開催しています!開催報告などを書いていきます。

第15回あなたと推し本「最近読んだオススメ」2022/9/11(日)@ALVE

テーマに沿った好きな本を紹介し合う秋田の読書会「あなたと推し本」です。
毎月開催しており、いろんな方にご参加いただいています。

来月はミヒャエル・エンデの時間について考えさせられる名作「モモ」の読書会をやります。
本を通じて楽しく盛り上がりたい!そんな方はぜひお気軽に〜

↓↓↓   申込はこちら ↓↓↓

https://docs.google.com/forms/d/1Yg4ZfXNyjXyh0HqqyyXDPRddeEbcHW7rVCSnpjhhxw4

●秋田の魅力を「ちょっと」身近にするWEBマガジン「Akitive」さまに本読書会ご紹介いただいています!
https://akitive-akita.com/

 

▪️第15回読書会

9/11(日)に秋田駅にあるALVEで読書会開催しました!
今回は「最近読んだオススメ」というテーマで本を選んできてもらいました!
さらに普段は2時間程度の読書会ですが、
もっとじっくりお話ししてみたいという思いもあり3時間にしてみました〜

3時間も話題が持つのかな…?と不安な気持ちもありましたが、
そんなこと関係なく最後まで話題に尽きない読書会でした!!

ご予定あわせるのが大変なところ、
皆さまご参加いただきありがとうございました!

 

▪️紹介本
紹介いただいた本はこちらですー 


【紹介本 (紹介順)】紹介者ごとに紹介してくれた本をまとめ、
 主催者の印象で当日の話題の一部をフレーズで切り抜きます〜


●「断片的なものの社会学」岸政彦
 「ビニール傘」岸政彦
社会学って何さ?/ お父さん、犬が死んでるよ。/ 分析も解釈もできない無意味な断片/ VR断片的なものの社会学

●「この30年の小説、全部;読んでしゃべって社会が見えた」高橋源一郎斎藤美奈子
 「マザーズ金原ひとみ
ヒリヒリするリアリティ/ 子供は母親を支配する/ マグマグを5回も洗う/ 愛情、憎しみ、孤独

●「蜻蛉日記藤原道綱母
 「スーパーサラリーマン」草上仁
藤原兼家との結婚生活/ 代筆、和歌、平安時代の文化/ 古文漢文現代文/ 曇るメガネと先入観

●「蜜蜂と遠雷恩田陸
 「薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3」福田和代
プロピアニストも同じ人間なんだなって/ 自衛隊の音楽隊/ 映画と小説どっちから入る/ 図書館と積読問題

●「時間は存在しない」カルロ・ロヴェッリ 訳:冨永星
 「すごい物理学講義」カルロ・ロヴェッリ 訳:竹内薫、栗原俊秀
ブラックホールインターステラー/ エントロピーとテネット/ 生物進化/ なぜ我々は過去と未来を区別できる?過去の痕跡

▪️参加者からの声

掲載許可をいただいた参加者からの感想の声を以下に掲載します。
ご協力ありがとうございました!

たくさん本の話ができて楽しかったです。
知っている方も増えてきてしゃべりやすいです。

最近読んだ本が古い作品だったので
「おすすめ」が難しいことになってしまったな・・・と。
(読みたくても入手できない)

ありがとうございますーーー!!
皆様またのご参加をお待ちしております٩( 'ω' )و

 

▪️今後の開催予定

次回とその先のご案内ですー



● 2022/10/30(日)@由利本荘HonJoinさま 14:00-16:00
「『モモ』ミヒャエルエンデ」の読書会

 本読書会で初の課題本形式での開催です。
 同じ本の話で盛り上がるのって楽しいですよね!
 初めて読む方も今まで読んだことのある人もご参加いただけます
 事前に作品を読んできてください。
 当日はみなさんで感想を話し合いましょう〜
【参加費】100円

 

時間どろぼうと,ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子モモのふしぎな物語.人間本来の生き方を忘れてしまっている現代の人々に〈時間〉の真の意味を問う,エンデの名作.

引用:岩波書店HP

 


●2022/11/27(日)@ALVE 17:30-19:30
「フィクション」

●2022/12/18(日)@ALVE 10:10-12:00
「ノンフィクション」

●2023/1/22(日)@
ALVE 14:10-16:00
「テーマ未定」●2022/9/11(日)@ALVE 14:10-17:00



申込は上部URLのformからお願いします! 

第14回あなたと推し本「2022年夏フェアの本」2022/8/21(日)@ALVE

テーマに沿った好きな本を紹介し合う秋田の読書会「あなたと推し本」です。
毎月開催しており、いろんな方にご参加いただいています。
本を通じて楽しく盛り上がりたい!そんな方はぜひお気軽に〜

↓↓↓   申込はこちら ↓↓↓

https://docs.google.com/forms/d/1Yg4ZfXNyjXyh0HqqyyXDPRddeEbcHW7rVCSnpjhhxw4

●秋田の魅力を「ちょっと」身近にするWEBマガジン「Akitive」さまに本読書会ご紹介いただいています!
https://akitive-akita.com/

 

▪️第14回読書会

8/21(日)に秋田駅にあるALVEで読書会開催しました!


夏の本屋さんっていいですよね!夏の文庫フェアが好きで毎年楽しみにしています。
知らない本を面白そうに紹介してくれたり、
有名な作品をこの機会に読んでみようという気持ちにさせてくれます!

新潮文庫の100冊https://www.100satsu.com/
●カドブンhttps://kadobun.jp/special/natsu-fair/
●ナツイチhttp://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/

そんなことで「2022年夏フェアの本」というテーマで読書会開催しました!
限られた本の中から選んだこともあって、
 読んだことあります!
 気になっていました!
 作者の人好きです!
そんなお話でも盛り上がりました〜

本の中身の紹介も皆さんプレゼンお上手で、
紹介してもらった本を既にもう読んだかのような満足感を得ています!笑

 

▪️紹介本
紹介いただいた本はこちらですー 


【紹介本 (紹介順)】主催者の印象で当日の話題の一部をフレーズで切り抜きます〜


●「フェルマーの最終定理サイモン・シン 訳:青木薫
300年間証明できなかった数式/ アマチュア数学者フェルマー/ ぶっ飛んでる人って面白いよね/ 数学やりすぎて失明したオイラー/ 残していったものが後世につながっていく/ サイモンシンと青木薫コンビの他の本も面白いって話

●「もものかんづめさくらももこ
ちびまる子ちゃんの成長した話/ ニヤニヤしているひろし/ 友蔵と理想のおじいちゃん/ 人の悪いところを見つけるのがうまかったまる子/静岡の風景/憧れのまほうつかい、ももこの世界あっちこちめぐりもオススメ

●「早朝始発の殺風景」青崎有吾
平成のエラリー・クイーン/ 高校生の日常とミステリー/ 殺風景さん/メロンソーダ/ 男二人で観覧車/ 館もののミステリー/ 森博嗣すべてがFになる/ 職業としての小説家

●「海と毒薬」遠藤周作
夏と戦争/ 戦争末期の生体解剖事件/ 主人公勝呂の勤める病院に流れるどうせ助からないという空気/ ただ淡々と進んでいく手術の描写/ 無感動の戸田/ 遠藤周作の沈黙

●「キッチン」吉本ばなな
おばあちゃんの死とぼんやり/ 好青年がやってくる少女漫画/ 台所と食べること/ みじかな人の死/ 海外で出会ったキッチンが一番好きという人/ みんなの吉本ばなな

●「営繕かるかや怪異譚」小野不由美
小野不由美のホラー/ 建物を新築したり直したりする営繕という職業/ 勝手に開いちゃう襖/ 歴史と一緒に暮らしていく/ 怪と寄り添う/ 十二国記はみんな好きって話

▪️参加者からの声

掲載許可をいただいた参加者からの感想の声を以下に掲載します。
ご協力ありがとうございました!

初参加でしたが、和やかな場でみなさんと本の
話をできて視野が広がりました。ありがとうございました!

みなさんのプレゼンがとても上手で全部読んでみようと思いました。
終始なごやかな雰囲気で、初参加でしたがリラックスして楽しめました☺︎

みなさん紹介が上手で、どの本も興味をひかれました。
とても和やかな雰囲気で楽しんで参加することができました。

ありがとうございますーーー!!
皆様またのご参加をお待ちしております٩( 'ω' )و

 

▪️今後の開催予定

次回とその先のご案内ですー



●2022/9/11(日)@ALVE 14:10-17:00
「最近読んだおすすめ」

普段よりちょっと長めの3時間の開催を予定しています!
じっくり本を紹介したい、話を聞きたい人におススメです。
途中参加・退席もOKです
【参加費】100円

● 2022/10/30(日)@由利本荘HonJoinさま 14:00-16:00
「『モモ』ミヒャエルエンデ」の読書会

 本読書会で初の課題本形式での開催です。
 同じ本の話で盛り上がるのって楽しいですよね!
 初めて読む方も今まで読んだことのある人もご参加いただけます
 事前に作品を読んできてください。
 当日はみなさんで感想を話し合いましょう〜
【参加費】100円

 



申込は上部URLのformからお願いします! 

第13回あなたと推し本「海外」2022/7/31(日)@ALVE

テーマに沿った好きな本を紹介し合う秋田の読書会「あなたと推し本」です。
毎月開催しており、いろんな方にご参加いただいています。
本を通じて楽しく盛り上がりたい!そんな方はぜひお気軽に〜

↓↓↓   申込はこちら ↓↓↓

https://docs.google.com/forms/d/1Yg4ZfXNyjXyh0HqqyyXDPRddeEbcHW7rVCSnpjhhxw4

●秋田の魅力を「ちょっと」身近にするWEBマガジン「Akitive」さまに本読書会ご紹介いただきました!
https://akitive-akita.com/

 

▪️第13回読書会

7/31(日)に秋田駅にあるALVEで読書会開催しました!

年齢やバックグラウンド、好みの本の違いなど幅広く色々な方にご参加いただき、
今回はなんと8人のメンバーで本の紹介やフリートークで盛り上がりました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

今回のテーマは「海外」
海外の作品や海外を舞台にした作品など海外をキーワードに選んだ本をご紹介いただきました!!

最近シン・ウルトラマン見たんですよ、ウルトラマン出てくる映画。
えぇ〜ウルトラマンてちびっこが見る奴でしょ〜と期待せず観に行ったら、
ひっくり返るほど面白かったです。
甘く見ていてすみませんでした。

何が面白かったのかって考えてみると、
地球にやってくる外星人と地球に対する接し方っていうのが、
違う文化を持つ人々と出会ったときの接し方と重なるなあと思ったからな気がしました。

とある外星人は自分とは異なるものを排除しようとして、
また別の外星人は地球を懐柔しようとし、
また別のものは互いの良さを生かして共に生きて行く道を選ぶ。

そんなこんなでいろんな人の海外に対する考え方みたいなものを
本から垣間見たいという思いもあり、
ただ単純に旅行もしづらいこの状況下いろんな海外の話が聞きたい気持ちもあってこのテーマにしました〜

ウルトラマンもいっぱい本読んでましたね!つい誰かが読んでる本って気になりますよね)

 

▪️紹介本
紹介いただいた本はこちらですー 

【紹介本 (紹介順)】以下主催者の超個人的一言コメント。

●「百年の孤独ガブリエル・ガルシア=マルケス
主催者紹介本:現実と地続きの不思議な世界に迷い込む感覚、魔術的リアリズムを味わえる本
一番好きなシーンは、伝染する不眠症が流行ったマコンドの村できんぬき鶏ゲームに興じるシーン。
「きんぬき鶏の話を聴きたいか」『『聞きたい!!』』「聞きたいと答えてくれと頼んだ覚えはない!!」_(:3 」∠)_
「きんぬき鶏の話を聞きたいか」『『聞きたくない!!』』「聞きたくないと答えてくれと頼んだ覚えは無い!!」_(:3 」∠)_
「きんぬき鶏の話を聞きたいか」『『・・・!!』』「黙ってくれと頼んだ覚えは無い!!」_(:3 」∠)_
すごく理不尽。

●「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」アゴタ・クリストフ
 (「モヤモヤしている女の子のための読書案内(14歳の世渡り術)堀越英美」)
幼少期を第2次世界大戦の戦果の中で過ごしたハンガリー生まれの著者による、戦時下の混乱を生きる双子の少年を描いた小説。
悪童日記、1巻?だけ以前読んだことあり、その悪童っぷりを悪戯電話ぐらいのレベルを想像していたら、お年寄りだましてお金取ってたぐらいのギャップがあって打ちのめされた覚えがあります。わっるー
耐えられるのか不安で手を出していなかったけど、続きのふたりの証拠と第三の嘘、紹介聞いて読みたくなりました。

●「海外の有名大学にリモートで留学する」姫松冬紫
働きながらロンドン大学通信課程などで学んだ経験がある著者による、リモートで海外大学に留学する方法を紹介する本。
たまに漫画とかの天才キャラで、「あいつは〇〇と△△とXXの学位を持っている・・・!」的なキャラいますよね。
リモート留学使えばできそうじゃん!と思いながら聞いてました。
生涯学習、私の好きな言葉です。

●「トリップ」角田光代
平凡な人々が暮らす街で、なんとなくそこで暮らして日々を過ごしている。そんな人たちが抱えている日常と外れた秘密を描いた、直木賞作家の角田光代さんによる連作小説
角田さんの小説そんなに読んだことはないのですが、
普通は見過ごされるけど生きてるってこういうことよ、みたいな生活の瑣末を切り取っている感じがすごいなと感じます。
お腹を壊した時だけトイレで神様に祈る的な、そういう出来事を一つ一つ大切にしている感じ(挙げた例は私の想像であり、多分そんなシーンはありません)

●「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」若林正恭
お笑いコンビ、オードリーでよく知られる若林さんによる紀行文。
芸人として多忙を極める著者に与えられた5日間の夏休み。何かに背中を押されるように残り1席の飛行機の予約をとってキューバへ旅立った。
少し前から若林さんの「ご本、出しときますね?」という本を読んでいます。
今回の本の紹介も聞いていて思いましたが、彼の温度感がちょうどいいですよね。
体育祭でクラスのみんなが盛り上がってるけど、いや僕は別にそんなに思い入れはないからなあ?みたいな温度感。

●「Lean in 15 - the Shape Plan: 15 Minute Meals With Workouts to Build a Strong, Lean Body」Joe Wicks
インスタで450万人以上のフォロワーをもつ、英国のThe Body Coachとして有名なJoe Wicksさん。
そんな彼が健康とフィットネスを教えてくれるベストセラー本
洋書でレシピなども乗っている本の紹介。インスタで流行っている人らしいのです。
コストコで買ってきたマッシュポテト、表記が英語で作り方の分量がわからずテキトーに作ったら作り過ぎたカレーぐらいの体積のポテトができたことを思い出しました。
海外の、ベリーが乗っている薄いパンケーキはいつ見ても美味しそうですね。

●「海峡を越えたホームラン―祖国という名の異文化」関川夏央
1980年代に当時草創期だった韓国プロ野球に身を投じるため、韓国へ渡った4人の選手を追ったルポルタージュ
日本で育ってきた彼らにとって韓国は祖国といえど言葉も生活もわからない環境であり、その中で戦ってきたようです。
韓国の球場だと干物焼いて売ってたりするみたいですね。野球観戦したことないのですがビール飲むために行ってみたいと思いました。

●「ダ・ヴィンチ・コード(上・中・下)」ダン・ブラウン、訳:越前敏弥
2003年にアメリカ合衆国で出版されたダン・ブラウンさん著作の長編推理小説
ルーブル美術館で起きた事件をきっかけに、レオナルドダ・ヴィンチモナ・リザをはじめとする数々の作品に秘められた暗号と共に事件の謎を解き明かしていく。
私はやっているものに対してちょっと斜に構えてしまうんですよね。
本当に面白いものは時代の流行とかに流されないもんだぜ!みたいな思想を持っていましたが、
やっぱり流行るものは流行るだけの面白さがありますよね、最近ようやく目が覚めました。
トムハンクスが出てくる映画が好きなので、是非見てみます。

 

▪️参加者からの声

掲載許可をいただいた参加者からの感想の声を以下に掲載します。
ご協力ありがとうございました!

海外文学もあり興味深かったです。
たくさんの本を知る良い機会になりました。

多数の方のお話をきけて楽しかったです。

とにかく幅が広い!この一言につきます。

みんなすごく本が好きなことが伝わってとても楽しかった。

皆様またのご参加をお待ちしております!

 

 

▪️今後の開催予定

次回とその先のご案内ですー

 ●2022/8/21(日) @ALVE 10:10-12:00
 「2022の夏フェアから選んだ本」
 ・・・毎年夏になると、「新潮の100冊」「カドブン」「ナツイチ」
 という夏の文庫フェアを開催しているのはご存知でしょうか?
 本屋に行くとずらっと並んでいます。その中から本を選んでご紹介ください!
 【参加費】会場代として100円

 ●2022/9/11(日) @ALVE 14:10-17:00
 「最近読んだおすすめ」
 普段よりちょっと長めの3時間の開催を予定
 じっくり本を紹介したい聞きたい方におすすめです!
 フリートークの時間も多めに設ける予定です。
 【参加費】会場代として100円


申込は上部URLのformからお願いします! 

第12回あなたと推し本「この人が推し!」2022/6/18(土)@ALVE

テーマに沿った好きな本を紹介し合う秋田の読書会「あなたと推し本」です。
毎月1回程度のペースで開催中です。

6/18(土)にいつもお世話になっているALVEで読書会開催しました!

ありがたいことにリピートしてご参加いただける方も増えてきて、
もっと深く皆さんとでその人のことや本の話ができるようになってきたと感じています。
一方で、twitterで知っていただいた方や当日ふらっとやってきて方も!
この読書会に興味を持ってくださる方がいて本当に嬉しいです!
皆さまご参加いただきありがとうございました!

今回のテーマは「この人が推し!」
好きな作家や登場人物、はたまた本の中で取り上げられている人や好きな人が紹介されていた本だからなど
この人が好き!推し!そんな「人」に焦点を当てて選んだ本を紹介いただきましたー

この作品すごく面白かった!!
そんな経験をした後に作者のこと調べてみると、こんなバックグラウンドを持った人だったんだ!とか、
えっこんな人なの!?と意外に思ったり、本の枠を超えてより一層作品を味わい深く感じた経験ありませんか?

そんな体験を話したり聞いたりしたくて開催しました!
紹介いただいた本はこちらですー



 

【紹介本 (紹介順)】以下主催者の超個人的一言コメント。

●「考えの整頓」
 「ベンチの足(考えの整頓)」佐藤雅彦 
主催者紹介本:大好きなpodcastのresearchat.fmでピタゴラスイッチで私られる佐藤雅彦さんが紹介されていました。
ピタゴラスイッチは本当に毎朝敗北する。見てあまりにもレベルの高すぎるアイデアに打ちのめされる。なんでこんな賢い奴がこの世にいるんだ!」
そんな佐藤さんが日常の中で見つけた、僕らが見逃していた日常に潜む「妙」を綴ったエッセイ集
打ちのめされたい人におすすめです。

●「女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家たち」
 「僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー」(1−2巻)
 「THIS IS JAPAN英国保育士が見た日本」 ブレイディみかこ
 「そろそろ左派は<経済>を語ろう レフト3.0の政治経済学」ブレイディみかこ松尾匡北田暁大
あまりにいろんなところで絶賛されていると、ちょっと読むタイミングを逃してしまったなあと思う本ってありますよね。
僕はイエローー・・・の本まさにそんな感じだったのですが、著者のバックグラウンドに興味引かれて読みたくなっています!

●「親指からロマンス
 「月刊少女野崎くん
 「俺様ティーチャー椿いづみ
少女漫画家をやっている男子高校生野崎くんと彼に恋する女子高生のコメディー漫画「月刊少女野崎くん」読みました。
どんな漫画を描いてもギャグ路線に走ってしまうらしいですね、椿いづみ先生
特定の能力に力を全振りしている人って好きです。

●「交渉力」
 「説得する力」団野村
野球は全然詳しく無いのですが、交渉代理人という人がいるそうですね、選手と球団がいくらで契約しますよーっていう、契約するときに代理を務めてくれる人という認識です。
交渉って苦手意識あります、わがままな人が勝つみたいなイメージ。
プレゼンを聞いて交渉についてちょっと考え方が変わりました。


だいぶ皆さんそれぞれが違う分野から切り込んできたなあと、紹介本を通じて紹介者の方への興味が一層膨らんだ面白い読書会でした!
普段馴染みが無いからこそ得られる視点もあって楽しいですねー

参加者からの感想の声を以下に掲載します。
アンケートのご協力と肯定的な意見とても嬉しく感じています!!!

ふだん読まない本を紹介してもらって楽しかったです。
プレゼンの練習になります。

様々な思い入れを聞くことができました。

ご協力ありがとうございます!またのご参加をお待ちしております!

 

最後に次回の案内ですー
●日付:7/31(日)
●時間:14:00~ 16:00
●場所:ALVE 4F 洋室A
●テーマ:「海外」
     その本を読んで何かしたくなった!というかしてみた!って本だったり、
     やってみたいことがあって読んだ本などをぜひ紹介してください!

申込はこちらからお願いします!!

https://docs.google.com/forms/d/1Yg4ZfXNyjXyh0HqqyyXDPRddeEbcHW7rVCSnpjhhxw4/edit

第11回あなたと推し本「なにか行動したくなる/なった本」2022/6/4(土)@由利本荘HonJoin

テーマに沿った好きな本を紹介し合う秋田の読書会「あなたと推し本」です。

6/4(土)は、由利本荘市のブックカフェ風勉強スペース(準備中?)「Hon Join」様で読書会開催しました!
https://twitter.com/honjoin_yuri


とても素敵な空間でおしゃれな雰囲気、読書会のために会場お貸しいただきました。
由利本荘からの参加者もお越しいただき、より一層いろんな方々と本の話で盛り上がれるようになり、これは凄いことになってきたと感じています!

今回のテーマは「なにか行動したくなる/なった本」です〜
本は不思議な存在です。物質的に見ればセルロースとインクの集合体にすぎませんが、そこに詰まっている体験やアイデア、考えに僕たちは時に我を忘れて熱中し、時には綴られている言葉に身をつまされる思いを感じたりします。
本に限った話ではありませんが、今の僕たちの世界を取り巻く当たり前も始まりは誰かのたった一つの考えでした。
空が動いてるんじゃなくて地球が動いてんだよ!と唱えた地動説や、生き物は最初っからその形で作られたんじゃなくて進化してるんだよ!と言った進化論などなど。
そう、誰かの考えは時に人を動かし、世界も一変させる力を持っているのです!

ということで今回紹介頂いた「なにか行動したくなる/なった本」はこちらです!

【紹介本 (紹介順)】以下主催者の超個人的一言コメント。

●「嫌われる勇気」岸見一郎、古賀史健
主催者紹介本:大学院で日々の研究に疲弊し、意義を見いだせなくなっていた頃に読んだ本(当時は最適な実験条件を教えてくれる化合物の妖精が見えました)
内容がとても素晴らしいだけでなく、青年のセリフがやけに面白いので何度も読める魔力を秘めています。

●「最後の授業 ぼくの命があるうちに」ランディ・パウシュ、ジェフリー・ザスロー、矢羽野薫
大学の教授って化け物みたいな人たちばかりだなというのが僕の感覚なのですが、アメリカとか海外にはそれを超える化け物がいて魔界統一トーナメント編が始まったのかと錯覚することがあります。
アメリカ、カーネギーメロン大学でコンピューターサイエンティストであるランディ・パウシュ教授が行なった「最後の授業」に関する本。自分にもいつかやってくる終わりを意識します。

●「テツヤ85歳、孫の服を着てみたら思ったよりイケてた。」シルバーテツヤ、クドウナオヤ
街を歩いていると秋田には学生と年配しかいないんじゃ無いかと思うことがよくあります。
どうやらぼくだけの感覚じゃないようで安心しました。
85歳だってかっこいいんだぜ!というこの写真集、紹介も含めてご年配ばかりだからといって悲観する必要はないんだなーと感じました。実際写真はすごくかっこいい

●「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」「傘のさし方がわからない」岸田奈美
岸田奈美さんはnoteでいくつか記事を拝見していました。すごく引き込まれる文章ですよね。
エッセイとして本を出されているのは初めて知りましたが表紙がとても可愛くていいなと思いました。
(noteを見たらトップから数箇所に本のこと書かれていました。ぼくの中のユリウス・カエサルが「人は見たいものしか見ない」と囁きます)
トークの中で気に入ったのは車を買った話、人は誰かのためだったらこんなに頑張れるのかーという思いを感じました。

●「それしかないわけないでしょう」ヨシタケシンスケ
絵本ってしばらく読んでないのですが、子供の頃読んだ絵本ってやけに心の奥底にいつまでも残ってたりしますよね。
昨今のパンケーキブームは、ぐりとぐらしろくまちゃんといった絵本が根本にあるのではないかと思っています。
書店で気になったり人からの紹介だったり、いろんな本の買い方があるかと思いますが、ヨシタケシンスケさんのLINEスタンプがよかったので絵本を買いましたという紹介、個人的にはそんな本の選び方があったとは・・・と衝撃でした。

全体を通じてなにか行動したくなる時って、理屈とかメリットで考えるんじゃなくて、もっと根っこの身近な誰かのためだったり自分の奥底から湧き上がる感情の部分なんだなと強く感じました。
結構エモーショナルな読書会になったと個人的には感じています。

参加者からの声を紹介します!掲載許可をくださりありがとうございます!!

とても楽しかったです。
新しいジャンルの本にも挑戦する気持ちが湧きました!

皆さんのお話を沢山きけて
自分も刺激を受けました。

ご協力ありがとうございます!またご参加いただけることを楽しみにお待ちしております!

 

次の開催は以下の通りですー。
参加したことのある方も、初めての方もぜひぜひお気軽にお越しくださいー

●日付:6/18(土)
●時間:10:10-12:00
●場所:ALVE 4F 和室1
●テーマ:「この人が推し!」
     好きな作家や登場人物、はたまた本の中で取り上げられている人や
     好きな人が紹介していた本だからなど
     この人が好き!推し!そんな「人」に焦点を当てて選んだ本をご紹介ください!

申込はこちらからお願いしますhttps://docs.google.com/forms/d/1Yg4ZfXNyjXyh0HqqyyXDPRddeEbcHW7rVCSnpjhhxw4/edit

第10回あなたと推し本「学びのある漫画」2022/5/29(日)@ALVE

テーマに沿った好きな本を紹介し合う秋田の読書会「あなたと推し本」です。

5/29(日)にいつもお世話になっているALVEで読書会開催しました!

昨年度からはじめたこの読書会、本当に嬉しいことにいろんな方に来ていただけて、
今回も「読書会に以前から興味があったので、秋田で読書会が開かれていると知って申し込みました!」と言ってくれた初参加のお二人にご参加いただきました。
ご参加いただきありがとうございました!

今回はどうしてもやりたかった待望の漫画限定回!
テーマは「学びのある漫画」でした〜
みなさん漫画読みますか?
私は漫画をよく読むのですが、小説とか以上に「面白かった!!」だけで感想終わらせている気がします。

だってどこかで見ましたよ、面白かったという自分の感情は言語化した時点で
言語化されなかった感情がこぼれ落ちてしまうものだと。
(なるほどねーわかるーそういうことよーそうなんですよー私の「面白かった」には全てが内包されている面白かったなんですよー)

だけどここはあえて言い切りましょう、この漫画には私にとってこんな学びがあったと!

紹介してくれる漫画に「個人的な体験・意見」が組み合わさった時、
Amazonとかがサジェストしてくれるのとは全く違う熱量を持った「推し」が生まれたのを感じました…!
ということで今回紹介頂いた「学びのある漫画」はこちらです!

 

【紹介本 (紹介順)】以下主催者の超個人的一言コメント。

●「魚社会」「足摺り水族館」panpanya 
主催者紹介本:実は今回の読書会の真の目的はpanpanya先生の漫画を広めることにありました!
ゴミ袋買うと、ゴミ袋を設置して、入れてた袋をゴミとして捨てるじゃないですか。
あれっ!?今一体なにが起きたんだ!?って気分にいつもなります。
私たちが何気なく過ごしてる日常には実は数え切れないほどの不思議が潜んでいて、
普段は全く気にしないで生きている日常の不思議への感度が上がるスゴイ漫画

●「脱サラ41歳のマンガ家再挑戦 王様ランキングがバズるまで」「王様ランキング」十日草輔
王様ランキング面白いですよね!横手のまんが美術館で面白くて一気に読んだ覚えがあります。
作者の方は、脱サラして漫画家になったという話は以前目にしたことがあったので、
僕の中ではバクマンの平丸さんのイメージでしたが、脱サラ41歳…の紹介を聞いてイメージが覆りました!
早速買って読んだのですが、何か昔諦めてたことを無性にやり直して見たくなりました。

●「きのう何食べた?よしながふみ
紹介面白かったのでこれも買う!!って息巻いてたら既にkindleで持ってました?あれー?
しかもなんか微妙に読んだことある気も…?
でもなんか紹介してもらってから読むと、明らかに前読んだ時よりも面白い気がします!
なんというかこの漫画の楽しみ方がわかった感じとか、
あー!あの時紹介してたのはこれね!!っていう楽しみもありました。
イカ1玉買いたくなりました。

 

知らない漫画教えてもらえたら良いなーぐらいの気持ちで開催した漫画会ですが、
良い意味で期待を超えた面白い読書会でした。
特に紹介本を買って読むハードルが活字の本に比べて低い気がするのも良いですね。
またぜひ開催したいです。

アンケートにて掲載の許可をいただけた参加者からの感想の声を今回から掲載してみます

漫画のどの部分が好きなのか聞いて楽しかったです。

ご協力ありがとうございます!またのご参加をお待ちしております!

 

最後に次回の開催は
●日付:6/4(土)
●時間:14:00~ 16:00
●場所:ブックカフェ風勉強スペース「Hon Join」様 @由利本荘
 https://twitter.com/honjoin_yuri
●テーマ:「なにか行動したくなる/したくなった本」
     その本を読んで何かしたくなった!というかしてみた!って本だったり、
     やってみたいことがあって読んだ本などをぜひ紹介してください!

さらにその次の開催も参加募集中です。
●日付:6/18(土)
●時間:10:10-12:00
●場所:ALVE 4F 和室1
●テーマ:「この人が推し!」
     好きな作家や登場人物、はたまた本の中で取り上げられている人や
     好きな人が紹介していた本だからなど
     この人が好き!推し!そんな「人」に焦点を当てて選んだ本をご紹介ください!

申込はこちらからお願いします

https://docs.google.com/forms/d/1Yg4ZfXNyjXyh0HqqyyXDPRddeEbcHW7rVCSnpjhhxw4/edit

第9回あなたと推し本「未来」2022/5/15(日)@ALVE

●開催報告

5/15(日)にALVEで読書会開催しました!
今回は参加者の方から提案いただいたテーマ「未来」での読書会です!
以前から読書回には興味あったけどなかなか参加できる機会がなかったといった初参加の方々や、
いつもリピートいただいているメンバーなどなど6名で本の紹介と活発な意見交換を実施しました。
ご参加頂いた皆様ありがとうございます!!


「未来」いい言葉ですよね。
希望にあふれると同時に、まだ体験したことのない変化がやってくる不安も感じます。
皆さんは未来という言葉からどんなことを連想しますでしょうか?

人によってだけでなく、同じ人でもライフステージやその日の気分によってイメージの変わってしまう面白いテーマですね!
読書会前日に紹介する予定の本が100p近く残っていたときは、未来すごい!と思うと同時にやっぱり明日が来るのもうちょっとまって!などと受験の合格発表日前日のような気分で過ごしておりました。
誰にでも平等に未来はやってくるようですね・

今回は参加者も多く、皆さん色んな角度から本を紹介していただいたので、
質問時間が全然足りないと惜しくも区切らざるを得ないほどでしたー

ご紹介いただいた本はこちらですー



【紹介本 (紹介順)】以下主催者の超個人的一言コメント。
実際はもっと表現力豊かに面白くご紹介いただいていましたが、私の知覚が追いつきませんでした。

 

●「バイオハッキング:テクノロジーで知覚を拡張する」カーラ・プラトーニ、田沢恭子 

主催者紹介本:世界の認識って結局の所入力デバイスの限度によって左右されますよね、例えば人間だと、すなわち視覚・嗅覚・味覚・聴覚・触覚の五感で感じられないものは無いものとして扱われている。ちょっとそんなんじゃ物足りねーよ!みたいな人たちがいて「グラインダー」って呼ばれているらしいです。磁力を感じられる磁覚、僕も欲しいです、でも痛いのは嫌ですねえ

●「メタバース さよならアトムの時代」加藤直人

最近特によく聞くワードですよね「メタバース」。正直ネットゲームの延長線でしょーとか思っていました。ちょっと面白そうですよメタバース!現実じゃできないようなイベントの体験ができちゃうのは魅力的!Vチューバのライブをリアルに体験できたり、ハリーポッターのクィディッチの試合観戦なんかもできちゃうかも!メタバースを使ったイベントに期待ですよみなさん。

●「未来は決まっており、自分の意志など存在しない。心理学的決定論妹尾武

衝撃のタイトル。今日僕が読書会を開催してこうしてブログを書くのも、宇宙が生まれた瞬間から決まってたんですよ、えーほんとに???心理学と生理学、脳科学、仏教、哲学、アート、文学アプローチは違うけど未来は決まっているんだからたどり着くのは一緒ですって。衝撃!

●「魔法科高校の劣等生」佐藤勤、石田可奈

アニメもやってましたよねこの作品!小説ではアニメにはない深い設定が盛り込まれていて違った味わいがあるとのこと。「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない」とアーサー・C・クラークは唱えたようですが、魔法を科学で解明するアプローチ非常に興味深いです。私の大好きなpodcast「いんよう」さんでもおすすめしてました。

●「東芝解体電機メーカーが消える日」大西康之

私の子供の頃って電機メーカーは会社の中でも別格みたいなイメージありました。なんとなく今もそのイメージはうっすら残っているのですが、昔の秋葉原の街中の映像とかがyoutube似合ったりしてそれを見ると変わりっぷりに驚愕します。あなたの近所の秋葉原サトームセン…は電機メーカーじゃなくて家電量販店か

●「消滅世界」「殺人出産」村田沙耶香

村田沙耶香さんの作品、コンビニ人間に衝撃を受けて以来好きなのですが、「未来」という切り口でも紹介できるなんて…
フツーってなんでしょうね?テクノロジーとか新しいものを生み出さなくても、考え方とか文化だけで世界の見え方がこんなにも変わりうるとは

 

今回はテーマ紹介者にとってだけじゃなく、参加者にとっても「新しいジャンル」のものが多く、興味を持つきっかけになったなどなど感想いただいております。

こういうテーマを選んでほしい、こんなことがやりたい、などなどご要望いつでも受け付けています。
参加いただいた皆様ありがとうございました!
ぜひまたのご参加をお待ちしておりますー

●次回の読書会は5/29(日)17:10-19:00@ALVE 4F洋室Aです。
テーマは「学びのある漫画」
普段は本の種類は自由ですが、この回は漫画に限定します。
この漫画にはこんな学びがあった!この本でこういうことを学んだ!などご紹介ください
漫画好きの方はぜひこの機会にご参加検討いただけると幸いです。

docs.google.com